線量管理・安全管理システム「DoseAdmin」ドーズアドミン


厚生労働省により2019年診療放射線の線量管理に関する法改正が施行されました。また2020年7月には、DRLs2020ガイドラインも公表されました。本システムでは、放射線画像診断装置からのRDSR情報をキャッチし、データとして格納することが可能です。
Webブラウザスタイルにより検査の終了具合を確認することも可能です。放射線医療安全管理をサポートする、業界で最もシンプルで低価格なコンセプト。
放射線医療安全管理も共有できるのは弊社のDoseAdminだけ。医師、看護師、薬剤師、診療放射線技師、医事課ともネットワークが可能です。データ取り込み・CSV出力・グラフ出力・院内情報共有などスタンダートな機能は実装済み、まずはご検討ください。

販売名称:FORZドーズアドミン



※プログラム単体での販売も可能です。詳細はお問い合せください。

Youtube CM





機能一覧


■RDSR_DICOM通信情報の取り込みと、その後のデータ活用
・RDSR情報の取り込みが可能(ワイドRDSR※1)
・RDSR情報から任意の項目を表示可能(インジケートセレクション※2)

■プロトコル管理
・プロトコルの管理を行うことが可能です。(※3)
・類似したプロトコルをグループ化して集計する「グループ化」機能(※4)

■放射線安全管理に則した仕組みづくりとシステム機能
・毎月のRDSR情報を集計しグラフを生成、毎月の放射線安全管理に寄与(※5)
・毎月の検査機器点検記録、放射線管理記録を記録(※6)
・年次のレポートPDFをシステム内にアップロード(※7)

■豊富なCSV出力機能
・システム内の多くのデータをCSVで出力するので、研究などに活用可能(※8)

■WEBスタイルのシステム
・医事課など離れた端末でも、ドーズリスト(検査一覧表)を閲覧可能(※9)

グラフ機能

■ヒストグラム  ■散布図   ■箱ひげ図
(PDFによる表示、印刷、DLが可能です。)

対応機種、RDSRについて


■接続機種につきましては、モダリティ装置のRDSR機能の実装、CSVでの出力など、あらかじめご準備ください。
弊社で未接続の機種に関しましては、事前の調査が必要です。
ご協力いただきますようよろしくお願いいたします。

■厚生労働省から通知されている対象機器は、CTエックス線装置、血管造影検査に用いる透視用エックス線装置、診療用放射性同位元素
並びに陽電子断層撮影診療用放射性同位元素を用いた診療。となっております。
弊社システムでは、これらをCT/XR/IVR/MAMのモダリティ区分のいずれかに配分し管理する設計となっております。(ラベル名は変更可能)
また、CTが2台など同種類の装置が複数台ある場合につきましても、接続可能となるよう、「LiveConnection(リブコネ)」※11を装備しています。

DRLs2020に対応


■弊社の線量管理システムは、DRLs2020との比較ができるよう、検査装置および医療機関のプロトコルを「グループマスタ」で管理することで実現します。
■ご参考  日本の診断参考レベル(2020年版)(Japan DRLs 2020)が公開されました。



★詳細説明(各機能は、予告なく変更、改善する場合があります。)
※1-検査機器から入手したRDSR情報にメモを付けて出力することが可能です。(CSV)
※2-すべての項目について表示ありなしを設定可能です。
※3-プロトコルの管理はガイドラインで推奨されています。本システムは、管理画面を有しています。
※4-プロトコルをグループ化し、まとめることが可能です。このグループによりDRLsと比較することを想定しています。
※5-年間の安全管理ボードを用意し、毎月のレポートが電子化されます。
※6-毎月の管理簿の中に、対応者、機器点検等の記載も可能です。
※7-年次の放射線安全管理の記録をシステム内にアップロードして管理可能です。
※8-グラフデータや手入力データについてもCSVで出力可能です。

※9-検査室以外で大型液晶ディスプレイなどを接続し、自動で検査インフォメーションを自動表示することができます。
(本機能は追加ライセンス、ハードウエア費用が別途必要です。)
※10-本製品を常時ご利用いただくスタッフのセッション数は検査室周辺の20個(人)前後を想定しています。
※11-LiveConnection(リブコネクション)は、プログラムを変更せずにライブラリ設定のみで接続する将来設計機能です。ExcelCreatesの独自機能です。
    RDSRの様々な機種、CSV出力のみで接続にお困りの機種でも接続が可能です。




*** ご導入には、事前の接続調整やセッティングにお時間を頂戴する場合があります。
*** 本システムはオプションパッケージのため、具備しない機能を、追加要望される場合は、カスタム(特注)となります。
*** 機器構成などは、医療機関様をご訪問させていただき調整させていただきます。
*** 本システムで推奨するブラウザ、につきましては指定、制限をお願いする場合があります。


製品・サービスに関するお問い合わせ


■大阪本社:〒542-0081 大阪府大阪市中央区南船場1丁目16番13号 堺筋ベストビル5階 TEL:06-6121-2130
■東京営業所:〒160-0004 東京都新宿区四谷1丁目23番6号 協立四谷ビル3階 TEL:03-6274-8140
■仙台オフィス:〒980-0811 宮城県仙台市青葉区一番町1丁目1番8号 青葉パークビル3階301B室 TEL:022-393-4555
■名古屋オフィス:〒460-0003 名古屋市中区錦3丁目11-25 アーク栄錦ニュービジネスビル 305号室 TEL:未定 東京営業所にお電話ください。03-6274-8140